バイアグラ 価格

バイアグラの価格

バイアグラ購入の費用

バイアグラという薬がED治療に役立っているというのはご存知の方が多いでしょう。しかし、このバイアグラという薬は高価なため、EDで悩んでいたとしても簡単に手にするというのは難しいことなのかもしれません。また、これを手にするためには病院での診察を受け、医師に処方してもらう必要があります。

 

 

バイアグラは健康保険適用外の薬なので、価格は病院ごとでも異なってきます。その金額としては、だいたい50mgの錠剤がおおよそ1500円で販売されています。これを単純に計算すると1度のセックスで1500円、例えば毎日その行為を行うという方は1か月で1500円×30回=45000円も一か月に支払うことになります。1年にすると540000円になり、家計へ大きな負担となります。

 

 

回数を減らすといっても必要性は個人差もあるでしょうし、それらの行為については夫婦間で問題が起こる場合もあるでしょう。しかし、バイアグラのジェネリック薬品が製造されれば、格段に安くなるのでEDで悩まれている方も今まで以上にバイアグラを利用することが可能になります。バイアグラの特許が2014年で期限が切れるため、多くの製薬会社はジェネリック薬品製造への準備に取り組んでいます。高価なために個人輸入していた方も安価になれば、日本で安心できるバイアグラを購入できます。特許が切れると同時に厚生労働省でのジェネリック医薬品としての承認も進んでいくでしょう。多くのED患者の期待がジェネリックによる価格低下への期待が高まることでしょう。

 

 

また、バイアグラは病院で処方してもらうだけでなく、個人輸入という方法でも手に入れることができます。個人輸入で手に入れられるバイアグラは海外製のもの。特にインド製のジェネリック品が多く流通されています。なぜインド製かというと、インドでは特殊な特許法があるため、バイアグラの特許が切れる前かジェネリックの開発・製造が可能だったからです。インドのジェネリック品の価格にもピンからキリがあるのですが、大概は正規品よりも格段に安く、安いものだと1錠100円ほどで入手できるほどです。
ただし、個人輸入は偽物やコピー品などの危険な薬も流通されていますので、利用する際は充分な注意が必要です。あまり安価な物には手を出さないほうが無難でしょう。