バイアグラ テストステロン

バイアグラとテストステロン

テストステロンの分泌量とバイアグラ

テストステロンというのは、男性ホルモンの中心となる物質です。
テストステロンは男性の身体をより男性らしくする役割をします。例えば、筋肉量の増加や生殖器の発達、そして精神面では、リーダーシップを発揮したり、仕事のやる気を引き起こしたりや、性欲を増加させたりの作用があるといわれています。またそれ以外もに、体内のNO(一酸化窒素)を増加させて血管や血流を正常に保つ働きをしています。すなわち男性ホルモンが減少するとNOが減りEDになりやすくなるわけです。テストステロンは男性にとって、極めて重要な物質です。

 

 

テストステロンの分泌量は、20代にピークを迎えると減少に転じ、40代では急速に減少していきます。テストステロンの減少は、男性の更年期障害とも呼ばれる症状を引き起こすことがあります。不安、イライラ、性欲減退、集中力・記憶力の低下などの症状、そして、EDwを引き起こします。

 

 

このように、テストステロンの減少は、男性に大きな影響を及ぼします。加齢によるテストステロンの減少は誰にも起こることですが、バイアグラには、減少したテストステロンの分泌を回復させる効果があるかもしれないことがわかってきました。

 

 

ある研究結果では、重症のEDの患者に、性行為をするか否かに関係なく、毎週末バイアグラ50rを定期的に服用させたところ、半年後には唾液中のテストステロンの量が2倍になったというのです。これによって、バイアグラの定期服用で、テストステロンの分泌量を増やすことができる可能性が示されました。
この効果については、現在のところ製薬会社等によって公式に認められたものではありませんが、バイアグラの定期服用には、アンチエイジング効果があるという研究結果もあり、今後の研究の進展に注目していきたいところですね。