バイアグラの作用機序 | 陰茎が勃起するという仕組み

バイアグラを服用することによって性機能の回復が期待されますが、特に男性が服用する場合については性行為において必須となる陰茎の勃起が不全になっているような場合でもバイアグラを服用することによって状態が改善することがあります。

 

これはバイアグラに含有されているシルデナフィルという成分が関係していますが、この成分には血液の流れを改善するための機序があり、この作用によって陰茎が勃起するために必要な血液を安定的に送ることができるようになるという仕組みです。

 

陰茎と血液の関係にあまりピンとこない人も少なくないかもしれませんが、陰茎が性的な興奮を覚えた場合に勃起するのは血液が陰茎にある海綿体という部分に対して供給されるためであり、これによって陰茎が促されることによって陰茎が勃起するという仕組みです。

 

ちなみに陰茎が勃起しなくなる原因にはいろいろあると言われており、単純に血液の流れだけが関係しているとは言えない部分もあり、性的興奮を感じてもそれがきちんと指令して脳から送られないと勃起することはありません。

 

バイアグラを服用する目的の多くは性機能を復活させることだと思いますが、作用機序をきちんと理解しておかないと体に負担をかけてしまう可能性もあります。

 

また、血液に作用する影響が大きいことから服用に関しては副作用に対しても注意する必要があり、過去には正しく服用しなかったことによって死に至るようなケースもあったので注意が必要です。